【茶花海岸】与論島の風景紹介 その5

与論島行きをガマンして頂いている皆さまに、
与論島の今の風景をお届けしているこのシリーズ。

前回は茶花の街をちらっとお届けしました。

【茶花】与論島の風景紹介 その4

今回はその茶花にある海、茶花海岸です。
島人はアガサと呼んだりします。

前回は寒いし雨だしで、ちょこっと写真を2枚載せただけでしたが、
…今回もです。

台風?ってくらい風が強くて寒くて寒くてたまらんかったです。
まずはこちら。

コースタルリゾート

茶花海岸と言いながら、すぐ隣のコースタルリゾートです。

右の方を見ると奥にちっちゃく茶花海岸が見えます。

コースタルから茶花を望む

実際はものすごく風が強く波も高いのですが、
ここは消波ブロック(テトラポット)などのおかげであまり波がありません。

しかし、風は強いので細かい砂がビシバシ、サラサラ飛んできます。

こりゃたまらんと、移動します。

ミコノス通り

ミコノス通りと呼ばれる、ヨロンマラソンのスタート・ゴール付近の道を通りますが、
道の色が微妙なところで明るいグレーと暗めのグレーに別れます。
センターラインで色が別れているわけではないので、工事の都合だと思います。
島内の道はこのようなツートンカラーや、一部だけ切り貼りしたようなパッチワークスタイルなど、
けっこう気になるデザインが多いです。

話が逸れましたが、そのミコノス通りから海を見ると…

こんな感じです。
もうザブザブです。ザバザバです。

茶花海岸は北側を向いているので、冬の時期などは北風が強く吹くとこのように、
波が道路近くまで来ます。

一昨日は、ウインドサーフィンをしている人もいました。

初めてヨロンに来た人は空港・港から各宿に向かう際、茶花海岸の前を通ることが多いと思います。
ということは与論島で最初のビーチは、ほぼ、この茶花海岸ということになります。

普段の穏やかな茶花海岸を見て、キレイ!と感動される方も多いです。
今回はちょっと荒れ気味、やさぐれている茶花海岸をお届けしました。

その茶花海岸の隣には茶花漁港があります。

茶花漁港

こうやって見ると、港町のようですね。

以上。

昨日より風が弱まり、ちょっと暖かくなった茶花漁港でした。

また、次回お会いしましょう。

これまでの与論島風景紹介は以下の通りです。こちらも併せてご覧頂くと、
少しは暇つぶしになるかと思います。