【鳩の湖】与論島の風景紹介 その8 舟倉・大金久海岸

与論島行きをガマンして頂いている皆さまに、
与論島の今の風景をお届けしているこのシリーズ。

かなり間が空いてしまいました。すっかり忘れていたというわけではないのですが、
最近天気があまりよろしくないのです。

今回で8回目となりますが、その間に雨の降るゴールデンウィークがあり、
先週からは島内の学校が再開されていて、

ちょっと日常が戻りつつあるような気がしないでもないです。

で、今回はゴールデンウィーク中の写真です。
ずーっとひたすら雨続きでしたが、5月4日にようやく晴れましたので、
子ども達とちょっと島内をドライブしてきました。

まずは、鳩の湖。

かつて 与論島唯一の湖 という記事でも紹介した、
とってもヨロンブルーな海が見えるところです。

鳩の湖に向かう地元の子どもたち

ご覧の青さです。ヨロンブルーです。

鳩の湖 鳩の湖からの眺め

 

ピャンチクバナリの辺りもとってもブルーです。

ピャンチクバナリ

そして、鳩の湖を出て南へずずーんと進んで行きます。
百合ヶ浜グラスボート総合案内所前も通過して、
シーマンズクラブ前に。

シーマンズビーチ

とーってもいい眺めです。
タイミングが合わなかったので百合ヶ浜は見えませんでしたが、
穏やかな海で風も緩やかに吹いていて、ぼーっとするには最高のコンディションでした。

最後はタイムトンネルを上から眺めて帰りました。

タイムトンネル

一日も早く多くの人がこの風景を直接現地で見ることが出来るようになる日を祈りつつ、
本日はここまで。

関連記事はこちらからどーぞ!