梅雨明けて 夏本番だよ 与論島

雨雨雨雨…

朝起きて、無意識に『ダメだこりゃ』と吐き捨てるほどに
毎日毎日、雨・雨・雨・豪雨・雨・豪雨・豪雨…とこれでもかと降り続きました。

なぜならそう、梅雨だったから。です。

与論島は梅雨でした

日本各地で今もまだ続く梅雨。
雨による河川の増水氾濫や土砂崩れなど被害も出ております。
被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

与論島も大きな被害こそなかったものの、道路が冠水したり、
飛行機が欠航したりと、影響は少なからずありました。
我が家も浸水一歩手前ってとこまで水が溜まってヒヤヒヤしました。

与論島唯一のトンネルもやはり通行止めになりました。

トンネル

この写真、水引いてるのに通っちゃダメなの?

と、一瞬思いますがよく見ると…

向こうの出口がザブザブです

向こう側の出口がザブザブです。

大丈夫そうじゃん。って手前の立ち入り禁止コーンを無視して進んでいくと大変なことに。

与論の梅雨はどんくらい?

与論島は例年5月の初旬(ゴールデンウィークの終盤あたり)に梅雨入りし、
約一か月後の6月第一週~二週目頃に通常明けますが、
今年はどうだったかというと、もうあんまり覚えてませんが、
ほぼ例年通りに梅雨入りしたものの、雨が続く続く。

ザーザー、ゴーゴー降りも降ったり。

昨年6月16日に 与論島50年に一度の記録的な大雨 が降って大変だったのに、
今年は1日の雨量こそそこまでではなかったものの、
トータルでは絶対に今年の方が凄かった(はず)です。

しかし、明けない夜はなく、止まない雨もないということで、
ついに、明けましておめでとうございます。梅雨。

ヨロンの形をしたトンネルと夕日

やりました!

先日紹介した与論のカタチっぽいトンネルのある海の向こうに夕日が沈んでいきます。

島民が、観光客の皆様が待ちに待った梅雨明け。

そう、夏です!

明けましておめでとうございます(梅雨)

夏といえば、もちろん海!
6月28日、島内にある3つの小学校では一斉に遠泳大会が行われました。

ピャンチクバナリ

このピャンチクバナリのある舟倉海岸ことプナグラでは、
那間小学校の遠泳大会が行われました。

ちなみにその様子は風来坊様のブログにて紹介されてます。
島の子たちは本当によく泳ぐ。感心します。

那間小学校遠泳大会 No1 2019

那間小学校遠泳大会 No2 2019

プナグラ、遠泳大会といえば以前にも紹介しましたこの動画。

素敵すぎてしょっちゅう見ちゃいます。

そして、ヨロンの海といえば、そう、百合ヶ浜!

出ました百合ヶ浜!

行ってきました百合ヶ浜!
梅雨明け直後からいい感じで出てます。
去年は砂が流されて百合ヶ浜がなかなか出現しなくて、
その幻っぷりがみんなを困らせましたが、今年はなかなかいいみたいですよ。

今年は大きく2つ百合ヶ浜が現れたりしています。
このまま台風があまり直撃せずにいい感じを保ってほしいものです。
そして、下記の百合ヶ浜出現予想カレンダーを参考に、
今後のヨロン旅行の作戦を練ってください。

さてさて、梅雨が明けたら夏だ!やったー!

と喜んではいるものの、暑いです。

いや、熱いです。

熱さが厚くて暑いです。

熱中症には気を付けましょう。

水分補給をこまめに。泳ぐときも極力肌の露出を控える。(ラッシュガード必須!)
特にお子様は帽子を忘れずに!

それでは皆様、元気で楽しい夏を迎えましょう!