与論のまさに穴場スポット ハミゴー

LINEで送る
Pocket

ハミゴー途中

全国津々浦々どんな土地にも観光スポットがあるように、
全国津々浦々どんな土地にも穴場スポットというものが存在します。多分。

知る人ぞ知る…とか。

地元の人が集う…とか。

そこで、与論島の穴場スポットとはどこか?

上の条件の【知る人ぞ知る・地元の人が集う】で絞りますと、
与論のどこもかしこも穴場スポットになってしまいますので、
ちょっと条件を変えて…

・聞いたことあるけど、具体的には知らない。
・観光ガイドに載ってなくて、行き方がわからない。
・島の人すらあまり行かない。

の3点を条件にすると、見事に絞られます。

そう、それは、

ハミゴー です。

行ったことなくても、場所を知らなくても、
その名前は与論にいれば大抵聞いたことあると思います。

場所もなんとなくあのへんかな~と思っている人も多いと思います。

というわけで、場所はこの辺です。
↓かなり曖昧です。まったく自信ないです。間違えていたらすみません。

ところで、ハミゴーって何?

という疑問が当然出てきます。

ハミゴーは島の南端にある、洞窟・穴の名前です。
その近辺もまとめてハミゴーと呼ばれているかもしれません。

私はせいぜい『ハミゴーアシビ(遊び)』なるものが昔あったというくらいの知識しかなく、
詳しく説明できないので、ぜひ下記のブログ様を参考にされてください。

そんなハミゴー。

実は行ってきましたよ。
関東から来たお友達を引き連れて。
私、10年以上ぶりです。なんとなくうろ覚えでご案内。
道が過酷だったのは憶えていたので、サバ(ビーサン)ではなくスニーカーで臨みます。
スニーカーぶるーす(※1)で。

全く土地勘のない人が1人で行くとけっこう危険かも。
と判断しまして、ハミゴー付近までの行き方は割愛させて頂きます。
行きたい人は出来る限り島の人と一緒に複数人で行ってくださいね。

ハミゴーへの道

畑の横にハミゴーへ通じる道がありますが、わざわざロープを張って整地されています。
それでもけっこう過酷な山道獣道なので注意!

冗談抜きで過酷です!無理しちゃダメ!

行くぜハミゴー

ハミゴーへの最終関門的な岩穴。まさに穴場!

成人男性がしゃがんで縮こまってよちよち歩きで入ります。
なぜなら、この穴とても短く、入ったらすぐに岩を登らなきゃいけないので、
四つん這いというか、ほふく前進するほどの距離がないのです。過酷!

そして、ついに!

ばーん。
ハミゴー

ついに!

出ました!

広がる景色がまるでRPG!

さらにギリギリのところから外側を眺めると

ばばーん!
ダンジョン・ハミゴー

なんというか、ヨロンじゃないみたい!

「すげー。すげー。」を連発しちゃいます。
来たぜハミゴー

一緒に行ったお友達も大喜び。

ちなみに下を見るとこんな感じ。

この日は風が強く、波が高かったこともあり、
ザブーン!バシャーン!と岩に白波が立っています。

この眺めはサスペンスのワンシーンで見る景色です。火サスです。

ということで、ハミゴーは、

目の前に広がる景色はドラクエで、下を覗けば火曜サスペンス劇場。

と表現できます。

最後にハミゴーに行くなら注意しておきたいことをいくつか。

  1. 決して1人でいかない。怪我したり海に落ちたらなかなか助けが来れません。
  2. 雨の時や雨の降った後は行かない。かなり滑るし泥だらけになります。
  3. 靴で行く!足元過酷です。
  4. 虫除けもしくは完全防備で!蚊が凄まじいです。
  5. 電灯必携!途中ゲキ暗ゾーンあり。スマホのライトでも可。

以上です。

かなり過酷でしたが、行ってよかったハミゴー。

また行きたいですね。

10年後くらいに。

※1 スニーカーぶるーす
おなじみ、マッチの名曲です。

2018 YORON BLUE. CALENDAR “□”

ヨロンブルーカレンダー

46nのヨロン写真が毎月1枚!表紙も合わせれば13枚!
ご自宅用にも贈り物にもオススメなカレンダーです。