【人生変わる!?奇跡の宿】で与論島の百合ヶ浜とプリシアリゾートが紹介されました

幻の砂浜

幻の砂浜 百合が浜

昨日(2019年9月1日)TBS系列の番組『人生変わる!?奇跡の宿(静岡放送制作)』 にて、
静岡と群馬の名所と共に与論島の百合ヶ浜とプリシアリゾートヨロンが紹介されました。

みなさん、ご覧になりましたでしょうか?
放送終了してしまいましたが、予告のCMがまだ見れましたのでご紹介。
ほんの一瞬しか映りませんが、百合ヶ浜のインパクトはけっこう大きいと思います。
※百合ヶ浜は 00:08~ からの一瞬です。

 

ここからは番組をご覧になって、『百合ヶ浜、ヨロン、行ってみたい!』って思った方に向けて説明します!

幻の百合ヶ浜っていつ出現するの?

百合ヶ浜は与論島の東側にある大金久海岸の沖合約1.5㎞くらいの場所に、
4月~10月の大潮に当たる時期の干潮時に潮が引いて浮かび上がる砂浜のことです。
ということは今年は残すところあと2ヶ月しかチャンスがありません。

【参考記事】(2019年)与論島 幻の砂浜『百合ヶ浜』出現予想カレンダー

ちなみに9・10月の百合ヶ浜の出そうな大潮の日は、

9月
1~4日、25~30日
10月
1・2日、24~29日

と、なっております。残り僅か!
ですが、もちろん自然のものなのでこの通りにいくとは限りません。
予想上、出現するって日でも実際は出なかったり、その逆も。

このように、出現する時期が限られていて、
さらにその時期でも潮位や海況などの条件が揃ったうえで、干潮時刻の頃に現れ、
さらに日によって現れる砂浜の形はもちろん、出現する場所も若干変わったりすることから、

幻の砂浜と呼ばれています。



百合ヶ浜のある与論島(ヨロン島)はどこにある?

与論島は鹿児島県奄美群島の最南端、すぐ隣は沖縄本島という鹿児島県と沖縄県のちょうど県境の位置にあります。【参考記事】与論島ってどこにある?

与論はココ与論はコレ

 

 

与論島へ行くには?

与論島へ行くには大きく分けて2つの方法があります。
飛行機と船(フェリー)です。

 

  1. 飛行機は鹿児島・沖縄・奄美からの便があります。
    なので各地からこの3か所のいずれかで乗り継いでしか与論島には来れません。
    ※詳細は> JAL 日本航空 にてご確認ください。【参考記事】与論島への行き方(飛行機編)
  2. 鹿児島と沖縄から各1日1便フェリーが出ています。
    鹿児島からは20時間。途中奄美を経由しますので、奄美からなら約8時間くらい。
    沖縄は那覇から出港して約4時間半くらい。途中で本部(本部)港を経由しますので、
    本部港からなら2時間半で与論島です。【参考記事】与論島への行き方(船編)

船(フェリー)の所要時間をご覧になればわかるように、与論島は鹿児島県でありながら、
圧倒的に沖縄の方に近いのです。

与論島で泊まるならホテル?民宿?ゲストハウス?

小さい与論島(島の周囲22㎞・人口約5,000人)ですが、ホテルや民宿、ゲストハウスなどもあります。もちろん今回はこの番組でも紹介された プリシアリゾート ヨロン をオススメします!

 

番組でもBBQを食べながら美しい夕日が沈む様子を紹介していましたが、
目の前に海やサンセットを見ながら過ごせるまさに絶景のリゾートです。

また、プリシアリゾートではホテルから百合ヶ浜の出現時期に合わせて送迎込みで1日1回、
百合ヶ浜ツアーというオプションもあるのでホテルを予約する際にあわせてツアーを事前に予約または相談してみても良いかも。

 

プリシアリゾートの他にも ヨロン島ビレッジ、青海荘、イチョーキ・ヴィラ、MEEDAFU’S YUI HOSTEL…などなど、オススメの宿はあります!

【参考記事】与論島オススメの人気ホテル&民宿

 

 

 

 

 

 

航空券や宿泊を予約する際、飛行機+宿泊フェリー+宿泊 がセットになった、
パックツアーもありますので、そちらも検討してみるとお得になるかもしれません。




百合ヶ浜に行くなら、最低2泊。できれば3泊!

 

与論島に行きさえすれば、百合ヶ浜はもうすぐです!
が、先にもお話した通り、百合ヶ浜は幻の砂浜です。
何も下調べをせずに来て何とかなるだろうと思っていたら幻は幻のままになってしまうかもしれません。

なので、与論島へ行く日程を決めたら 百合ヶ浜出現予想カレンダー で干潮時間を確認して、
事前に グラスボート等の大金久海岸などの海岸から百合ヶ浜へ行くための手段を確保しておくことを強くおすすめします。

【参考記事】与論島 百合ヶ浜・大金久周辺のマリンサービス

そしてそして次、とても 重要です!

百合ヶ浜に行きたいなら、最低2泊。できれば3泊した方が良いです。

「えっ?ヨロンで百合ヶ浜に行くだけなら1泊で充分じゃない?」

と思いがちですが、それじゃダメなんです。
なぜかと言いますと、百合ヶ浜の出る可能性の高い大潮の時は干潮時間が11時頃~14時くらいの真っ昼間でして、
実は与論島発着の飛行機もフェリーもほぼこの時間帯と被っています。

ということは、到着したときは大抵、既に百合ヶ浜が出ていて、
それから行っても間に合わない。もし間に合ってもかなりバタバタしてしまいます。
そして、帰りは潮が引き始める前くらいには空港・港へ向かわなければなりません。

なので、最低でも2泊は予定してた方が良いのです。

幻の百合ヶ浜を楽しむ心得

番組を見て『行ってみたい!』となったのであれば、絶対行きたいはずです。
が、あくまでも幻の砂浜なのです。
自然のもの、ましてや海なので、気象状況によってかなり影響を受けます。
夏の台風や冬の寒波などの強風で百合ヶ浜の砂が流され、
潮が引いても浜が出にくくなることも考えられるので、
浜が出れば、行ければ、ラッキーという気持ちで臨んだ方が良さそうです。
たとえ百合ヶ浜が完全に姿を現さなくても百合ヶ浜周辺の海はとってもきれいです。
こんな感じで。

百合ヶ浜に向かい中

この海の色はなかなか直に見れるものではないので、
ぜひ体験してください。人生が変わるかも!?

百合ヶ浜への持ち物は?

グラスボートなどに乗って百合ヶ浜へ行き、しばらく遊んだりして帰ってきますが、
百合が浜は陸から離れたところにある砂浜です。基本何もないです。
トイレや日焼け止めなどはちゃんと済ませて万全の体制で向かいましょう。

で、万全の体制で向かうにあたり最低限必要そうなものを

  1. 水着
  2. ラッシュガードやレギンス・トレンカ
  3. タオル
  4. 飲み物
  5. マリンシューズやビーチサンダル
  6. 帽子やパラソル

とりあえず言えることは、天気が良ければ日陰が全くないので、
日光から逃げられません。
日差しがとても強くあっという間に日焼けしますし、体力も奪われます。

日焼けと熱中症はその時は大丈夫でも後からダメージが出ることが多いので、
日よけと水分補給でくれぐれも気を付けましょう。

以上です。

最後にちょうど私、先日8月30日に百合ヶ浜に行ってきましたのでその時の写真を。

2019年8月30日 百合ヶ浜 2019年8月30日 百合ヶ浜

それでは、ぜひ幻の百合ヶ浜を体感しに与論島にいらしてください。