与論島について(よろんじま?よろんとう?)

百合ヶ浜、出てますね。

このサイトをご覧の皆様は大体、与論島の事はご存知かと思います。なかには実際に来られたことあるという方もいれば、なんとなくヨロンという名前を聞いたことがある程度という方もいらっしゃるはずです。

そこで今回はザクッとサクッと与論島について簡単に説明をしたいと思います。
私もそこそこ長く住んでいますが、勉強不足なため完璧にはお伝えできませんが、
私が知ってる範囲でこれくらい知っとけば与論へ行く予備知識としては充分かな?
っていう内容となりますので、どうぞお付き合いください。

よろんじま?よろんとう?

さて、いきなり名前。そう、読み方です。

正しくは よろんじま です。日本の島はすべて『しま・じま』と読むのが正式なようです。
なので、よろんじまです。

今から40年ほど前に与論は観光客の来島ブームを迎えます。
空前の与論ブームってやつです。
その頃に与論町は、ヨロン島(ヨロントウ)と表記することにより、
海外の離島のように与論をPRする作戦を行ったようです。
そしてそれが見事にハマり、当時はかなりの大盛況!やりましたね。

ちなみに、沖縄が日本に返還される1972年5月15日までは、
与論島が日本の最南端だったということもあり、
さらにPR作戦もうまくいき、与論ブームがしばらく続いたようです。
その結果、よろんじま と よろんとう のどちらも同じくらい両方ごちゃ混ぜで現在使われていると思います。

かの名曲、与論島慕情ではその名の通り、

「ゆーめーにぃ までみたー よぉろぉ~んじぃーまー」

と歌っています。じま ですね。やっぱり。

それでは、表記として与論とヨロンはどちらが正解なの?
となりますが、これはもちろん、厳密にいえばというか地名なんだから当たり前というか、
与論が正解です。
が、しかし個人的には公文書等でない限りはどちらでも良いかな?という気がします。
先程のPR作戦の説からも、観光等のレジャー的要素ならヨロン島の方が似合う場面が多いでしょうし、行政やらの公的機関はそりゃあ与論島でしょうし。

実際私もこのサイト内ではかなり混在して使っています。
統一してた方がいいのかな?と思ったりもしますが、そこは文章の流れなどで無意識に、
場合によっては意識的に使い分けています。

与論島ってどこにあるの?

これまたとても大事なことですね。ヨロンドコ?

ザクッとサクッというと、鹿児島県と沖縄県の県境です。
鹿児島の南に種子島・屋久島があり、南下していくと吐噶喇列島(とかられっとう)があり、
そして奄美群島と続いていきますが、その奄美群島の一番南の端が与論島です。
そして与論島のすぐ南に沖縄本島があるので、そこからが沖縄県となります。

与論の高台から見ると海の向こうに沖縄本島の北端が見えます。
なので、この写真に写る海はちょうど県境ってことですね。

与論から見る沖縄本島

本州からしたらかなり南の方、まさに南国ではありますが、
沖縄の離島、それこそ石垣島・宮古島などに比べたらかなり北側です。
そういった島々よりも沖縄本島に近いので、イメージとしては沖縄になるのも頷けますね。
その辺はちょっとだけ詳しくこちらに書いてますので御覧ください。

どうやって行くの?与論島

与論の場所がなんとなくわかったら、次はどうやって行こう?
となります。
もちろん飛行機か船です。それしかないです。なんせ島なんで。

飛行機・船共に基本は鹿児島と沖縄からになります。
時間に余裕があれば飛行機で沖縄まで来て船で与論へという組み合わせもあります。

与論島ってホテルとかあるの?

あります。ホテル少々、民宿も少々。
ゲストハウスなどもいくつかありますが、出来る限り事前予約をオススメします。
島でマラソン大会などの大きな行事(修学旅行・スポーツ大会等の受け入れ)があれば、
あっという間に島中の宿が満室になっちゃいます。
もちろん予約なしにふらっと立ち寄っても泊まれることもあるでしょうが、
運が悪いと本当にドコも空いてないってこともあるので行くと決まればまず予約!です。

そこでネットで予約ができて私のオススメの宿を下記にまとめたので参考にされてください。

与論島でなにしよう?

いざ、ヨロン!
で、ヨロンで何しよう?百合ヶ浜って、どうやって行くの?
で、ご飯は?
宿以外でどこかご飯食べるところってあるの?
そもそもお店とかあるの?っていうか、人は住んでるの?

という不安があると思います。

なので、まずは百合ヶ浜。こちらを参考にされてください。

与論島にはオリックスやトヨタなどの大手レンタカー会社はありませんが、
島内のレンタカー・サイクル・バイク等のお店は数件あります。
食事に関しても数はそんなに多くはないですが美味しいお店が結構あるのでご安心ください。
ただ、宿と同じく夏休みや大型連休などに来島の際にはレンタカー等はもちろん、
食事するお店も満席ってこともありえますので、事前に問合せ・予約をおすすめします。

食事は夕食なら居酒屋さんが良いと思います。
どこに行こうか迷ったらホテル・民宿のスタッフさんやタクシーの運転手さんに聞けば、
オススメや人気のお店を教えてもらえると思います。
ちなみに私は食事ならこの辺のお店が好きでよく行ってます。

以上です。
ザクッとサクッと簡単にのつもりが、やっぱり長くなってしまいました。

せっかくここまでお読み頂いたのだから少しでも皆様の与論島旅行の参考になれば幸いです。

それでは、ヨロンで会いましょう。